コンクリート製のミッドセンチュリーなチェアー – D’Hauteville Concrete Chair

 

concrete_low_armchair_gessato_12-1024x1024

concrete_low_armchair_gessato_11-1024x1024

concrete_low_armchair_gessato_6-1024x1024

concrete_low_armchair_gessato_5-1024x1024

concrete_low_armchair_gessato_4-1024x1024

concrete_low_armchair_gessato_2-1024x1024

concrete_low_armchair_gessato_1-1024x1024

concrete_armchair_gessato_6-1024x1024

concrete_armchair_gessato_5-1024x1024

ミッドセンチュリーな家具はとてもモダンで色褪せることがないシンプルで美しいデザインのものばかりですよね。そして代表格がイームズチェアーだったりしますが。
デザイナーの「Julie Legros」と「Lavallard Boget」がそんなミッドセンチュリーモダンのデザインをそのままに素材をコンクリートにして作ったのがこのエッジの効いた「D’Hauteville Concrete Chair」です。アームがないバージョンもあり、こちらが新作のアームチェアーで、むき出しのコンクリートに座る感じはどんなものなのか気になりますね。公園のベンチに座る感覚とは全く違うでしょう。
人間工学に基づいた形でツルツルな表面にするために、超微細な砂を混ぜ10日間じっくり乾燥させて作られています。工事現場を思い起こさせるようなこのコンクリートと脚に使われている太いコンクリートワイヤー存在感が半端ないですね。シンプルなデザインで素材で攻めてくる感じがたまりません。
このチェアーは高さがLowとHighの2種類あり、お値段650ドルからとなっています。
[Gessato]

 - プロダクト