ラップのリリックを標識に。ヒップホップアートプロジェクト – Jay Shells

 

ニューヨークをベースにラップの歌詞をサインボードにしてストリートの標識に設置するヒップホップアートプロジェクトの活動をしている”Jay Shells”。今回はニューヨークを離れてロサンゼルスのストリートにサインボードを設置しちゃいます。車を運転しながら見るのは道路標識なのですが、その標識の下にこんなサインボードが設置されていたらじっくりと読んでしまいそうですね。アーティストの表現方法は様々で新しい表現方法や表現の場で驚かされることも多々あります。まだまだ世界のストリートには新しいこと、面白いことがたくさんありますね。そんなアーティストをたくさん見つけるのも楽しいものです。
[coolmaterial]

 - アート