今さら聞けないファイヤーキング(Fire King)とは何?ジェダイは見たことあるけどな〜

    2015/09/06

DSC_0057 2

(ジェダイ レストランウエア)

 

ファイヤーキング(Fire King)とは何?マクドナルドのマグは見た事あるな〜。翡翠の色をしたマグはなんだか高そう。などなどどこかで一度は見た事があるかもしれないファイヤーキング。
そんなファイヤーキングは1941年から1986年まで製造されていた耐熱のミルクガラス製品が主な物となります。ミルクグラスとは半透明なガラスでガラスっぽく見えないのも人気の秘密かもしれません。

 

〜ファイヤーキングの始まりから終わりまで・・・こんな感じ!〜

今から100年以上前の1905年にアメリカメリーランド州出身の「Isaac J. Collins」と彼の仲間がオハイオ州ランカスターにオハイオ州を流れる川「Hocking River」から名前を取って「Hocking Glass Company(ホッキンググラス社)」を設立しました。そして1937年に傘下の「Anchor Cap Corporation」と「The Hocking Glass Company」を合併させ、ガラス製品会社の「Anchor Hocking Company(アンカーホッキング社)」が設立され、現在に至るまで多くの製品を生産しています。

 

そんなアンカーホッキング社が1941年に「oven-proof(オーブンプルーフ) ※耐熱ガラス」のラインの一つとして「Fire King(ファイヤーキング)」が誕生しました。

ファイヤーキングが丈夫な食器ブランドとして成功をおさめ、家庭用シリーズと分厚くより丈夫な業務用(レストランウエア)シリーズが生産され、アメリカ国内の家庭はもちろん、ダイナー、レストラン、公共施設など至る所で使われ愛用されました。

そのため相当な数が生産され、マグカップ、カップ&ソーサー、お皿、灰皿、花瓶など多くの製品があります。当時はドラッグストアなどでもまとめて売っているようなごく一般的な大量生産の食器で日常で当然のように目にするそんな食器です。

しかし1976年に「ファイヤーキング」のブランドを終了し「アンカーホッキング」として1986年まで生産され続けました。ファイヤーキングの製品には「Fire King」の刻印が付けられていましたが、ブランド終了後はアンカーホッキング社の「イカリマーク」だけとなっています。そのため、ヴィンテージのファイヤーキングはこの「イカリマーク」のものも「ファイヤーキング」として扱っています。

 

ファイヤーキングのコレクターが一番多く、愛してやまないものはやはり翡翠色のジェダイシリーズです。これは家庭用と業務用のレストランウエアがあり、美しく輝くジェイドカラーは憧れのカラーですね。
日本ではマグカップがとても人気があり、モチーフ柄、キャラクター柄、広告物など無数にあるマグが一番の人気でしょうか。特に広告物はマクドナルドのような有名企業から、街中のクリーニング屋さんなどとても多くの種類があります。

 

好きなマグでコーヒーを飲む、お皿で料理を食べる、キャビネットに収納して飾る、食器として、装飾品としても美しいファイヤーキングは今なおライフスタイルを豊かにしてくれる物ではないでしょうか。

 

現在では「ファイヤーキングジャパン」の設立によりMade in Japanのファイヤーキングで一部が復刻されており、復刻とヴィンテージのオリジナルを探すことができます。
多くのファイヤーキングショップで売られているものは中古のヴィンテージ品ですので購入されるときはしっかりと状態をチェックして購入してくださいね。

 

 


 

 

〜ファイヤーキングの刻印の歴史〜

92904587_o18

1940年代〜

ファイヤーキングの初期の刻印はロゴマークもなくシンプルなブロック体でした。

 

6085283_o5

1940年代〜1950年代初頭

ファイヤーキングのロゴが入りブランドらしくなってきます。

 

14836960_o11

1950年代〜

ロゴマークの下の文字が「GLASS」から「WARE」に変更。

 

6191135_o23

1950年代中期〜1960年代初頭

アメリカがもっとも勢いがあった時代ということもあってかどうかわかりませんが「MADE IN USA」が入りアメリカ製アピール。

 

57498904_o14

1960年代

ブランドロゴだけでは寂しかったのか、アンカーホッキング社のロゴ「イカリマーク」をオン!

 

7094462_o12

1960年代中期〜1976年

「WARE」から「OVEN-PROOF」に変更。だいたいこれがファイヤーキングの刻印の最終型となります。

 

5733268_o11

1977年〜

ファイヤーキングブランドが無くなり、アンカーホッキングのマークだけに。ミルクグラスが生産されていた1986年まで形を変え、最終的には「イカリマーク」だけとなります。

 

※細かな違いがあり、レアな刻印などもありますが、大体この刻印達が主なものになります。

 


 

 

fkwebmag

(ジェダイ シェービングマグ)

DSC_0008 2

(アイボリー シェービングマグ)

DSC_0002 (2)

(スヌーピーレッドバロン&ギンガムチェック)

DSC_4363

(ジェダイ レストランウエア)

[ファイヤーキングを見てみる]

 - プロダクト