日記を”書く”ということ 現代に蘇った日記手帳 – The Standard Memorandum

 

1

1950年代の日記手帳からインスパイアされデザイナーのJon Contino氏が作ったのは現代に合うようにリデザインした日記手帳「The Standard Memorandum」。これは彼の奥さんの祖父の日記手帳を発見したのがこのプロジェクトの始まり。iphoneのようなサイズや形でポケットにも収納しやすいお手軽な日記手帳。スワイプするのではなく捲る、言葉を入力するのではなく書く、だからこそその人のその時の感情がわかり、その人がどんな人だったのかわかったり、思い出したりできる最高の”データ”になるのでしょうね。”書く”ということを最近は忘れかけていますから。
[COOL MATERIAL]

 - カルチャー, プロダクト